無料カウンセリング予約

薬剤に関すること

正しく安全に使用していただくために、ご使用の前に必ずご確認ください。

エムラクリーム(外用局所麻酔剤)

主成分:リドカイン・プロピトカイン
使用期限:本体に記載
製薬会社:佐藤製薬株式会社

この薬の作用と効果について

外用局所麻酔剤で、脱毛レーザー照射時の疼痛を緩和します。

この薬の主な副作用

塗った部分の発赤、蒼白、かゆみ、熱感、疼痛、発疹などが報告されています。このような症状に気づいたら、使用を中止しすぐに当院へご連絡ください。
※稀に下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。このような場合には、使用をやめてすぐに医師の診察を受けてください。
・皮膚が青紫色になる[血種] ・体の一部または全身が震える[中毒症状] ・眩暈、発汗、呼吸困難、血圧低下、顔面蒼白、脈拍の異常など[アナフィラキシー] 以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または看護師に相談してください。

次のような方は使う前に必ず医師や看護師に伝えてください

・以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などの何らかの症状がでたことがある。
・以前に局所麻酔剤を使用して具合が悪くなったことがある。
・メトヘモグロビン血症の治療中または既往がある。
・妊娠中、妊娠している可能性または授乳中。
・他に飲み薬や塗り薬などを使用している。(お互いに作用を強めたり、中毒症状が起こる可能性があります)

用法・用量(この薬の使い方)

・照射開始時間の30分前までに、照射予定部位に適量(目安 女性:顔・VIOで各1本5g、男性:ヒゲ・デリケートゾーンで各1本5g)を塗布し、塗布部分をラップで覆って(密閉法)ください。
・1日の塗布量は10g(5gチューブ2本)までとし、塗布時間は120分を超えないでください。
・眼の中に入らないように注意してください。もし誤って眼に入ったら、すぐに水道水で洗い流してください。それでも違和感が残るようであれば、眼科医の診察を受けてください。
・傷や湿疹など肌トラブルのある部位や粘膜に使用しないでください。
・残った薬剤は次回の照射でも使用できますが、開封後6か月以上経過したものは使用しないでください。

ロコイドクリーム0.1%(顔、VIO、デリケートゾーン用)

 

この薬の作用と効果について

合成副腎皮質ホルモン剤(ステロイド)で、レーザー照射後の炎症による皮膚の赤み、ひりつき、はれなどの症状を改善します。

この薬の主な副作用

皮膚の感染症(真菌症ほか)、皮膚の刺激感、接触性皮膚炎、発疹などが報告されています。このような症状に気づいたら、使用を中止しすぐに当院へご連絡ください。
※稀に下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。このような場合には、使用をやめてすぐに医師の診察を受けてください。
・眩しいまたは霞んで見える、眼が乾く、眼の痛み[眼圧亢進] ・激しい眼痛、頭痛、急激な視力低下[緑内障] ・視界が眩しすぎる、霞む、視力低下[後嚢白内障] 以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または看護師に相談してください。

次のような方は使う前に必ず医師や看護師に伝えてください

・以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状がでたことがある。真菌・ウイルス皮膚感染症、動物性皮膚疾患(疥癬、けじらみなど)、潰瘍、熱傷・凍傷がある。
・妊娠または授乳中。
・他に薬などを使用している。(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性があります)

用法・用量(この薬の使い方)

・1日1~2回適量を患部に塗ります。下記(ステロイド外用薬の塗り方)を参照してください。
・眼の中に入らないように注意してください。もし誤って眼に入ったら水で洗い流してください。それでも違和感が残るようであれば、眼科医の診察を受けてください。
・長期または大量に使用したり、密封法(ガーゼや絆創膏で覆うなど)を行うと、副作用が出やすくなります。
・誤って多く塗った場合には、医師または看護師に相談してください。

ステロイド外用薬の塗り方

まず薬を塗る前に患部を清潔にし、水気を拭き取ってください。

1.薬を指先もしくは手のひらにとってください。

◆赤み、ひりつきが広範囲の場合
下記の図のようにクリーム・軟膏であれば人差し指の第一関節で成人の手のひら2枚分。
ローションであれば、1円玉大で成人の手のひら2枚分の範囲に使用できます。
◆赤み、ひりつきが狭い範囲の場合
指先に少量とり、赤みがある部分にのみ薄く塗布してください。

2.患部が手である場合を除いて、薬を使用した後はしっかりと手を洗ってください。

 

注意事項

・ステロイド外用薬を短期的に使用したことにより、副作用が出ることはほとんどないと言われています。しかし、必要以上に連用していると様々な副作用が生じる可能性があります。赤み、ひりつきがある部分にのみ使用し、赤み、ひりつきが消失したら速やかに使用を中止してください。
・残った薬は、高温多湿を避け涼しい所で保管して次回の施術後にお使いください。